亜鉛サプリの比較ランキング徹底調査

亜鉛サプリの比較

 

亜鉛とは?

 

私たちの身体を構成しているのは、約60兆個にも及ぶ細胞です。その1つ1つの細胞を構成している成分は、水、たんぱく質、脂質、炭水化物、無機質(ミネラル)といったものです。私たちは、体内でミネラルを作ることができません。そのため、ミネラルを得るためには、体外から食物として摂取する必要があります。そして、そのミネラルの中で、体内の含有率が0.0001%〜0.01%のものは微量元素と呼ばれます。

 

また、ミネラルの中には、私たち人間が生命活動を維持するために特に必要不可欠なものがあります。それらは「必須ミネラル」と呼ばれます。

 

亜鉛は微量元素の1つです。体重60kgの成人の場合、体内に約2g存在しているとされています。また、必須ミネラルでもあります。人体に含まれる亜鉛のうち、約60%は筋肉、約25%は骨の中にあります。それ以外は血液中、肝臓、前立腺といった全身の様々な器官や細胞に散らばっており、その大部分はたんぱく質と結合しています。亜鉛が人体に対してどれほどの重要性や必要性を持っているかが知られるようになってきたのは、1960年代以降のことです。

 

*亜鉛は脳や身体の成長に必要不可欠

 

200種類以上の酵素が、その構成成分に亜鉛を含んでいます。そのため、酵素の反応を活性化させたり、様々な体内の代謝活動を行うためには、酵素は必要不可欠な物質です。さらに酵素には、正常に脳や身体を発育・維持させる働きがあります。具体的には以下のようなものです。

 

1
たんぱく質、DNA、RNAを合成する
2
細胞分裂を促進させる
3
骨の成長を手助けする
4
傷ついた組織を修復する
5
視覚を維持する
6
味覚を維持する

 

亜鉛と味覚の関連性については研究が進んでいます。最近では、味覚機能が落ちてしまう「味覚障害」が特に若い女性などに多く見られますが、亜鉛の不足はその原因だと見られています。また、その他に亜鉛が関与する働きとして、免疫機能の維持、インスリンの合成と貯蔵による血糖値の調節などがあげられます。インスリンは血液中の血糖値を下げる役割を持つ物質で、膵臓(すいぞう)から分泌されています。さらに、精子や性ホルモンの生成のような性機能の維持にも亜鉛は必要です。亜鉛は、私たちが生命活動を維持する上で欠くことのできない作用を様々に持っていると言えます。

 

また、最近では、デトックスサプリとしても注目されています。体内の過剰な有害物質を捕まえて毒性を抑え、体外に排泄させるたんぱく質に対し、その誘導役を果たしているとされているからです。

 

通常の食生活を送っていれば、亜鉛が不足するような事態になることはありません。しかし、亜鉛には、加工する過程で失われやすいという特徴がありあす。そのため、ファーストフードやインスタント食品の利用が多すぎたり、また、極端なダイエットを行うことは、亜鉛不足を招きやすくなってしまいます。

 

亜鉛不足が引き起こす症状、病気

 

亜鉛は、体内で行われている様々な代謝に欠くことのできな物質です。そのため、亜鉛の不足は、性的な機能の障害、味覚障害、身体の成長への悪影響につながり、発育不全を引き起こすこともあります。亜鉛が不足した際に見られる症状のうち、主要なものは以下です。

 

1
発育不全、食欲不振、疲れやすくなる
細胞分裂や骨の成長に亜鉛は関与しています。そのため、亜鉛不足を原因として発育不全が起こることがあります。
2
学習障害、うつなど神経障害
脳の発育、刺激の伝達にも亜鉛は関与しています。そのため、亜鉛不足を原因として脳や神経関係の障害が起こることがあります。
3
免疫力が低下する
免疫力は亜鉛不足によって低下してしまいます。そのため、風邪を引きやすくなるなど、さまざまな感染症に罹患しやすい状態になります。
4
傷を修復する能力が低下する
細胞分裂にも亜鉛は関与しています。そのため、亜鉛不足は細胞分裂の働きを弱め、細胞が傷ついた場合、その修復を遅らせてしまいます。結果、傷の治りに時間がかかるようになります。
5
性機能が低下する
性ホルモンの分泌を促進する働きが亜鉛にはあります。そのため、亜鉛不足を原因として、男性の場合は精液や精子の減少、前立腺肥大、勃起障害、性腺の発育不全などが引き起こされ、女性の場合は月経異常や不妊症が引き起こされます。
6

視力障害
網膜の視覚色素にも亜鉛は関与しているます。そのため、亜鉛不足を原因として暗闇での視力低下、色盲のような視覚障害が起こることがあります。
7
皮膚障害、爪の異常や脱毛などが起こる
皮膚や爪はたんぱく質を主原料としています。このたんぱく質の合成や細胞分裂にも亜鉛は関与しています。そのため、亜鉛不足を原因として皮膚や爪が異常や脱毛を起こすことがあります。
8
貧血になる
運動をすると、汗や尿として亜鉛が排泄される量も増えます。そのため、スポーツ選手など大量の汗をかく方は、亜鉛不足に陥る可能性が高くなります。

 

スポーツ貧血の原因は、高いエネルギー消費量を持つスポーツ選手が、それに見合った量の鉄や亜鉛を摂取できていないことにあります。

 

その他に貧血になる理由としては、赤血球不足があげられます。赤血球はその構成成分に亜鉛を含んでいます。そのため、亜鉛の不足は赤血球の不足を招き、貧血を引き起こすことになります。

 

*亜鉛が不足する原因

 

通常の食生活を送っていれば、亜鉛不足の状態になることはまずないと考えて良いでしょう。しかし、亜鉛には、食品を加工する過程で失われやすいという特徴があります。そのため、加工食品ばかりを普段から食べているような方は、亜鉛不足に陥りやすくなります。以下のようなものが、亜鉛が不足してしまう主な原因です。

 

1
インスタント食品や加工食品を食べる機会が多い
2
アルコールを大量に摂取する
3
極端なダイエットを行う
4
タンパク質や脂質を過剰摂取する
5
強いストレスを抱える

 

日常生活を規則正しいリズムに保ち、バランスの良い食事を摂取することで、亜鉛不足に陥らないように気を配りましょう。

更新履歴