亜鉛に副作用ある?

亜鉛に副作用ある?

食品やサプリメントなどから摂取することができる亜鉛ですが、亜鉛はたくさん体内に取り入れたとしても副作用の心配が少ない成分といわれています。その理由のひとつが、亜鉛の毒性の低さです。

 

亜鉛を多く取り込んだ場合、そのうちの余分な量については便や尿などから排出され、不足した場合には腸の中で吸収率を高めて体内への取り込みを強化します。こうした働きによって亜鉛は体内で摂取量が調整されますので、副作用が起こりにくい成分といえるのです。

 

ただし、ここで注意したいのは長期間継続してたくさん亜鉛を摂取した場合です。通常、亜鉛は毎日の食事から摂取することになりますが、それだけであれば亜鉛が過剰な状態になることはありません。

 

しかし、サプリメントを利用して亜鉛を摂取する場合には過剰摂取になる可能性があります。サプリメントは継続して飲むことが多いため、副作用へとつながる可能性も高くなります。そのため、サプリメントで亜鉛を取り入れるということであれば過剰摂取にならないように用法と用量を守ることが大切です。

 

・亜鉛の過剰摂取が原因の副作用

 

亜鉛を過剰摂取した場合に起こる副作用については次のものがあります。

 

 ・発熱
 ・頭痛
 ・嘔吐
 ・倦怠感
 ・腎臓障害
 ・神経障害
.
亜鉛サプリには様々な種類のものが市販されています。こうしたサプリメントの場合、長期間かつ継続的に服用することが多いため、上記のような副作用も起こりやすくなります。また、亜鉛の過剰摂取で気をつけたいのが「銅」の吸収率の低下です。

 

銅も亜鉛と同じく人体に欠かせないミネラルのひとつですが、これが不足すると髪の毛や肌の脱色や貧血、骨の劣化などの原因となります。それとともに免疫力の低下も心配されるところです。亜鉛は免疫力にも関係していますが、あまり大量に摂り過ぎると免疫力の低下につながります。加えて、一時的に大量摂取をすると亜鉛の急性中毒の危険性も高くなります。

 

やはり亜鉛を摂取するのであれば、バランスを考えて摂り過ぎないように注意しながら取り込むことが重要といえるでしょう。普段の食生活だけであればそれほど心配する必要はありません。サプリメントを利用して亜鉛を取り込む場合には、サプリメントの注意書きをよく確認したうえで正しい飲み方、分量を守るようにしてください。